将来のもしもに備えるのが、生命保険や医療保険、個人年金など。これから需要の高まるそれらの保険の基礎知識をご紹介しましょう。

何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話
Search

Yahoo! JAPAN

What's New
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話

将来に備える!知っておきたい様々な保険

PAGETITLE
ここ数年は景気も社会情勢も不安定です。

景気は上昇中などの話も一部の大企業や富裕層だけの話で、実際には給料は上がったわけでもなく、物価だけが上がっているのが大多数の庶民の実態です。

そのために、今まであまり真剣に将来のことを考えない若い世代でも、先行きが不安なので消費を控える傾向にあるようです。

今お金をレジャーなどに使ってしまうよりは、貯蓄をしたりして将来の生活に備えたいと思う人も多くなってきました。

そこで今改めて見直しがされているのが、様々な種類の保険です。

結婚する年齢になると、真剣に考えるようになるのが生命保険。
若くて独身の時にはあまり考えたことはなかったけど、結婚をしたので、もし自分になにかあった時に備えて家族にお金を残したいと考えるようになる人は少なくありません。
また、急な病気やケガで入院や手術が必要になった時には、仕事を休まなくてはなりませんし、その間の治療費などがいくらかかるのかも不安です。

家族に経済的な負担をかけないためにも、医療保険や、がん保険に加入するのも「結婚を期に」という人は多いようです。

年齢を経れば経るほど、金銭的な余裕は必要になってくるし、かといって国の保障も当てにはらないしということで、個人年金や民間の介護保険などで老後に備える中高年層も増加しています。
保険には色々な種類があり、基本的には月々の保険料が安い掛け捨てタイプや、保険料の支払いはちょっと高いけれども、そのまま積立して満期になるとお金が戻ってくるタイプなどがあります。
自分の収入やライフスタイル、支払える保険料の限度額などを決めてから、色々な保険を比較検討することがおすすめです。

そこでここでは、必要とされている保険の特集をしました。

注目の生命保険や、医療保険、がんの治療に特化しているがん保険など、生命や身体に関連する保険は必須です。

また、老後を安心して送るための個人年金や介護保険、子供が産まれると加入を検討するようになる学資保険、自分と他人のために加入が大切な自動車保険などの基礎知識もご紹介します。
また地震大国日本では、必ず考えなくてはならない火災保険に付帯する地震保険のことも取り上げました。

また、最近話題になっているインターネットから申し込むことができ、経費を削減している分だけ、月々の保険料が安いネット保険、色々な会社の見積りを一度に取り寄せることのできる一括見積りもご紹介します。
将来も「いざ!」に備えるのが保険。
加入する内容や種類はその人によって様々ですが、何の手も打たないのはかなり無防備な人生になってしまいます。
ことが起こってから後悔することのないように、上手に保険を選ぶようにして下さい。

オススメワード

  • みんなで一緒にペット保険に夢中になろう!ペット保険の楽しさを教えます
Copyright (C)2014何を守る?何で守る?〜家族を守る保険の話.All rights reserved.